人とくるまのテクノロジー展 2022 横浜

各種企画

Special Exhibits主催者企画展示

熱い思いで切り拓こう!
カーボンニュートラルへの道

自動車技術開発の歴史を振り返ると、私たちの社会を便利で豊かなものとするため、自動車業界だけでなく関係業界をも巻き込み総力を結集した開発に明け暮れた日々であったと思います。そして現在、脱炭素という地球規模でのニーズが押し寄せ、日本をはじめとする多くの国・地域が「2050年カーボンニュートラル達成」という目標を宣言しています。その目標達成のため、解決策の一つとして自動車の電動化が叫ばれ、内燃機関の販売禁止をも含めた規制強化に乗り出す国・地域も現れています。日本においても、様々な角度から国情に沿った検討が進められています。
この世界的な目標であるカーボンニュートラルに向け、自動車業界においてもこれまで以上に技術開発に広がりを持ち、業界内外の垣根を超えた協力が行われています。
今回の「人とくるまのテクノロジー展2022」をご覧いただき、カーボンニュートラル実現に向けた行動の一助としていただければ幸いです。

主催者企画展示

新たな脱炭素技術が照らすカーボンニュートラルへの道

自動車の電動化を中心にその周辺を含めた様々な課題を、日本の電源構成を出発点に再生可能エネルギーに関する技術開発に着目し、カーボンニュートラルへの道を「創・蓄・使」の観点で捉え、それぞれの技術開発が自動車業界にどのように影響しながらカーボンニュートラルを目指していくのかを考える展示となっています。

会場
  1. 創:再生可能エネルギーを活用した発電システム
    「創」のゾーンでは、カーボンニュートラル時代の電動車に欠かせないエネルギーを、太陽光や風力といった自然エネルギーから生み出す技術、CO2を回収し自然エネルギーから得られた水素と反応させ内燃機関用燃料に変える技術など、エネルギーを作る工程で可能な限りCO2を発生させない技術について展示しています。
  2. 蓄:蓄電池やエネルギー運搬の最新技術
    「蓄」のゾーンでは、海外にある未利用資源を用いて水素を製造し、日本へ輸送する水素サプライチェーンを構築する取り組み、効率的に水素を車載する技術、また、新たな発想で開発が進む新型電池や電池の劣化度を診断する技術など、水素・電気を何時でも、何処でも、誰でも利用可能とする技術について展示しています。
  3. 使:電動車の高効率化と既販車対応技術
    「使」のゾーンでは、自動車の原動力技術の高効率化にフォーカスし、従来エンジンの燃焼効率をさらに高め、バイオ燃料・合成燃料といった次世代燃料の活用をも目指した新技術、電動車を効率化する電動技術など、最新動向を紹介するとともにカーボンニュートラルの実現に繋がるモビリティ普及の可能性について展示しています。
展示協力企業・団体(五十音順)

AHEAD(次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合)/NTTアドバンステクノロジ株式会社/シャープ株式会社/株式会社デンソー/株式会社東芝/戸田建設株式会社/トヨタ自動車株式会社/日産自動車株式会社/日本大学/NEDO/HySTRA(技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構)/株式会社日立製作所/日立造船株式会社/本田技研工業株式会社